業務理念プロフィール・技能・ご挨拶実績会社概要・使用環境業務内容・流れ・料金お問合せ

プロフィール

名前: 向島 雅典 (ムコウジマ マサノリ)
   
経歴:

1993年 東京工芸大学 写真工学科 卒業
1993年 (株)タミヤ デザイン部 説明図製作課 配属
     同社、ラジコンカー・スケールモデル
     (車・バイク・飛行機・船・戦車)
      ・ミニ四駆・工作キットなど全種類のマニュアル
      製作業務に携わる(総製作数600点以上)
2005年 退社
2006年 独立 「エム図工房」創立


〜2018年 現在

    

技能

◆マニュアル制作 組立て思案、製品撮影・加工、イラスト制作、文章作成、レイアウト、校正、印刷指示
◆各種印刷物制作 原稿デザイン、校正、印刷指示
◆HP制作 サイトデザイン、制作、アップ、SEO対策
◆写真 撮影技術、フォトレタッチ
◆アプリケーション Illustrator 5,7,8,9,10,CS2,CS3,CS5,CS6、Photoshop 3,4,5,7,CS2,CS3、Pagemaker、Streamline、Shark FX、Rhinoceros、Homepagebuilder、Dreamweaber 8,CS3、Acrobat Pro、 Excel、Word

ご挨拶

 この度はエム図工房のHPをご覧いただき、ありがとうございます。

私は学生時代は写真が好きで高校は写真部、大学は写真工学科という珍しい分野を専攻しました。
卒業して世界の田宮模型に就職、のマニュアル作成部門に11年間勤めることになりました。そこで写真の技術を生かして撮影した写真をトレースしてイラストに起こしています(最近では3D CADデータも流用しています)。できるだけ柔らかいタッチで余分な線を省いて要点を強調してあるのが特徴です。模型の説明書は初心者や子供に、いかにわかり易くできるかが一番のポイントになります。そのために組立て手順を熟考し、イラストや写真を効率よく配し、なおかつ洗練されたデザインでなくてはなりません。一目見て直感的に入ってくるのは文字よりも写真やイラストであるように、視覚に訴えかけるのが一番理解が早いと思われます。文章は読むのが面倒だし読まない人もいます、個人的な理解力や知識にも左右されます。写真やイラストであれば言語の違い、言葉の壁も越えられます。極端なことを言えば文章は必要最低限のみ、写真とイラスト重視なレイアウトがベストと言えるのではないでしょうか。模型の説明書はそういった意味で他の工業製品の中でも最もハイクオリティな分野だと言われています。説明書は製品の売り上げに直接貢献できるものではありませんが、ストレスなくスムーズに組み立てる楽しい時間が過ごせたならば、きっと御社のファンを増やし、クレームも減らして製品のクオリティアップと売り上げアップに十分に貢献するものとなり得ると思います。

是非、貴社のご繁栄とご発展にビジネスパートナーとして末永くご協力できればと思います。

                              2007年2月 「エム図工房」代表 向島 雅典